Top > 空き家 > 古民家の空き家が無償で手に入るワケと、無償で手に入れる方法!

古民家の空き家が無償で手に入るワケと、無償で手に入れる方法!

空き家

近年、特に地方で深刻化している空き家問題。人口減少に伴って空き家も急増している。 そんななか、空き家の無料譲渡や無料譲渡も増えているのをご存知だろうか? 空き家とはいえ、所有者には維持費や、解体するにしても一定程度の費用がかかる。所有者の中には、無料でも手放したほうがいいと考える人もいるのだ。 一方で、近年は地方移住者も増えており、その中には古民家での生活を考えている人もいるだろう。 古民家での生活を考えている人にとっては、無償空き家は魅力的である。 今回はそんな無償空き家、特に古民家の無償空き家について紹介していきたいと思う。

45

Read In

目次

地方を中心に急増する空き家・古民家

近年深刻化する、地方を中心とした人口減少・過疎化。それに伴って空き家も急増している。
国土交通省によれば、2013年の時点で空き家の総数は820万戸。今後も増加傾向にある。
そして、空き家のなかで賃貸用の住宅を除いて最も多いのが木造の一戸建てである。その中には古民家(古民家に明確な定義はないが、日本政策投資銀行のレポートでは「1950年以前に建てられた木造の住宅」と定義している)も数多く存在していると考えられる。

参照元:国土交通省

活用されない空き家

数多く存在する空き家だが、なぜ活用されずに放置されてしまうのだろうか。
国土交通省のレポートによれば、空き家となる住宅の取得経緯で最も多いのが「相続して取得」。また、それらの住宅を空き家にしておく理由の約40%が「解体費用をかけたくないから」。
どうやら、親族から相続して取得したはいいものの特に使いみちもなく、解体するにも費用がかかるために空き家としている、というケースが多いようだ。

なぜ無料で空き家・古民家が手に入るのか

先程説明したように空き家・古民家は「解体するのに費用がかかる」という理由で放置されていることが多い。
しかも空き家であっても当然維持費や固定資産税などのコストがかかる。

空き家を全く利用していない人にとっては、空き家は単なる負担でしかなく、無料でも手放したほうがいいと考える人がいるのは当然なのである。

古民家の空き家を無料で手に入れる方法①掲示板サービスを利用する

ではそういった古民家の空き家を無料で手に入れる方法にはどのようなものがあるのだろうか。

1つ目が、家いちばなどの掲示板を利用する方法である。
こういったサイトでは、所有する空き家を売りたい・譲りたい人が多数情報を掲載しており、空き家が欲しい人はそれらの掲示を見て、直接所有者と交渉できる。
中には50万円を切るものや無料のものもあり、交渉の余地があるものも多いので、無料または極めて格安で古民家・空き家を手に入れることができる可能性がある。

掲示板サービスの中には、上記の家いちばなどに加えて、ジモティーなどもあるので、どんな空き家・古民家があるのか一度覗いてみるといいだろう。
また、当サイトでも古民家物件を多数(445件/2019年3月時点)掲載しているので、古民家物件の相場の確認などしてみるといいだろう。

古民家の空き家を無料で手に入れる方法②空き家バンクを活用する

古民家の空き家を無料で手に入れる方法の2つ目は、空き家バンクを利用する方法である。

空き家バンクとは、全国各地の自治体が運営する制度で、空き家がほしい人に対して自治体がそれぞれの地域内の空き家を紹介する制度である。
空き家は当然すべてが無料というわけではなく、中には1000万円を超える空き家もあるが、10万以下の破格で紹介されている空き家もある。
空き家問題は自治体にとっても深刻で、自治体によっては空き家譲渡後に準備金や礼金が支払われる場合もある。是非一度チェックしてみよう。

参考:山梨県甲州市の空き家バンク